ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

カナダドル円 短期トレード

f:id:Original23:20210914140854p:image

カナダの主な注目材料は、9/20のカナダ総選挙と9/23のFOMC会合になります。

もちろん、インフレ率も材料となるので、今週発表となるカナダ消費者物価指数にも注目です。

それでは、短期的なカナダドル円相場の見通しを、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析を中心に解説したいと思います。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

カナダドル円 短期的な見通し

 (短期的な方向性)

 

 (短期的なテーマ)

  • カナダ総選挙
  • 経済指標
  • FOMC会合

以上のテーマを解説していきましょう。

 

 

カナダ総選挙

FOMC会合前に開催されるカナダ総選挙。現在は、世論調査で総選挙の行方を測っている状態です。

その世論調査では、複数の世論調査を実施。その途中経過としては、一つの世論調査では、トルドー首相率いる自由党がリードしているが、以外な事に、もう一つの世論調査では、保守党がリードしているから大変な事に!

まぁ〜世論調査だから、あまり信頼性はないものの、それでも何となく不透明になってきました。

今回のカナダ総選挙の目的は、政権内で過半数の支持者を集める事。

ですが、過半数以前に政権交代にでもなったら、大きな誤算でしょう。

まぁ〜そんな事は、まずないとは思いますが、一応警戒しとくように!

 

FOMC会合

9/23に開催されるFOMC会合。

現状のFOMC会合でのテーパリングの行方は、

  • FRBメンバーがテーパリングに向けて交渉はしているものの、9月のFOMC会合での合意は難しい。
  • パウエル議長は、11月のFOMC会合でのテーパリングに向けて、来週のFOMC会合で、プロセスを発表。

プロセスは、条件と言った方が良いかもしれませんね!条件…また米雇用統計の進展とかではないでしょうか?

引き続き、報道に注目です。

 

経済指標

また、米消費者物価指数が発表されたと思いますが、米テーパリングの材料にもなるので、結果に注目。

 

カナダドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析で解説します。

 

カナダドル円 4時間足 

f:id:Original23:20210914215708p:image

現在4時間足は、エリオット波動B波を予想しています。

少し見にくいですが、現在のチャネルラインから上抜ければ、エリオット波動C波が発動。

ただ、大きなチャネルラインをしっかり上抜けるかが重要です。

 

カナダドル円 1時間足

f:id:Original23:20210914221436p:image

現在1時間足は、エリオット波動4波の可能性がある状態。

単純に、前回の高値、87.3円を越さない限り、エリオット波動4波が継続です。

後は、アップトレンドラインに沿ってトレードするのも有りです。

 

では、ありがとうございました。