ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

NZドル円 短期トレード

f:id:Original23:20210913142601p:image

RBNZ政策金利の発表以降、一気に落下ムードが漂ってきたNZドル円

10月のテーパリング実施がないと市場が予想している以上、NZドル円に対して、期待値がなくなってしまったので仕方がないんですが…

又、NZ地元研究所が、短期的な成長を下方修正したとか。

とにかく、ロックダウンが、経済に相当影響を与えているみたいですね!

という事で、期待値がなくなってしまっているNZドル円を、4時足と1時間足を使ったテクニカル分析を中心に、短期的に解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

NZドル円  短期的な見通し

 (短期的な方向) 

 

 (短期的なテーマ)

  • コロナ感染状況
  • FOMC会合
  • 経済指標

以上3つのテーマを簡単に解説します。

 

コロナ感染状況

ニュージーランドにとって、まだまだ感染状況が材料視されているので、確認するようにして下さい。

現在のコロナ感染状況は、20人と減少傾向にあります。

ただ今日の報道では、ロックダウンの延長を、アーダーソン首相が発表しています。

完全に消したいみたいですね!

まぁ〜リスク回避のNZドル売りが強くなるでしょう。

 

経済指標

以上の経済指標に注目です。

因みに、全て前回よりも悪化した予想となっているので注意です。

 

FOMC会合

月曜日早々から、来週開催されるFOMCについて報道されています。

その報道内容は、FRBが、FOMC会合でテーパリング合意ができるよう目指しているという内容。ですが、合意の可能性は低いとの事。

一方、パウエル議長は11月のテーパリングに向けて、来週のFOMC会合の声明文で、プロセスを発表するみたいですね!

どんなプロセスを公表するのかは謎。

てか、すでに11月のテーパリングの可能性がある報道が流れている時点で、9月のテーパリングはないってこと?笑

まぁ〜そうなれば、クロス円の上昇が優勢になりそう。

 

NZドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析で解説します。

 

NZドル円 4時間足

f:id:Original23:20210913200317p:image

現在4時間足は、エリオット波動B波を予想。まだチャネルライン自体が怪しいので、細い部分は自身で引いて、エリオット波動B波を攻略していきましょう。

ここまで言えば分かると思いますが、このチャネルラインが上抜けした時点で、エリオット波動C波の発動。

今回はチャネルラインを下抜けすることを、考えていないので、仮に下抜けした時点で、ノートレになります。

 

NZドル円 1時間足

f:id:Original23:20210913200401p:image

現在1時間足は、エリオット波動5波を予想。

アップトレンドラインを抜けた時点で、エリオット波動ABC波の調整落下になると見ています。

 

まとめ

まずは、1時間足の調整落下まで見ていきましょう。火曜日は、オセアニア通貨が経済指標の悪化で、売られやすい局面。

下がり切れば、いよいよFOMC会合のリスク回避で、米ドル売りになると思うので、NZドル円は上昇。つまりそこが、4時間足のエリオット波動C波と考えています。

さて!FOMC会合で上昇が一服すれば、NZドル円には、大きな落下が待っています。

一応ここまでが、ほび太の考えです。

では、ありがとうございました。