ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

カナダドル円 短期トレード

f:id:Original23:20210906124037p:image

クロス円の中でも、特に上昇が鈍い現在のカナダドル円。

それもそのはず、現状のカナダは、今週開催されるカナダ政策金利、9/20に行われる総選挙、それから、9/23に開催されるFOMC会合、もちろん原油相場の影響も含めて、相場が動きにくい状況だからです。

今日は、上記3つの材料を含め、短期的なカナダドル円相場を、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析を中心に解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

カナダドル円 短期的な見通し

 (短期的な方向)

 (短期的なテーマ)

以上3つのテーマを簡単に解説。

 

BOC政策金利

今週発表となるBOC政策金利に注目。多分、カナダドル円はマイナーな為、政策金利の内容を忘れていると思うので、前回のBOC政策金利の内容をもう一度おさらいしましょう。

 

次に政策金利後の経済指標の変化です。

            (前回)     (結果)
  • カナダ消費者物価指数    3.1          3.7
  • カナダ小売売上高           -2.0         4.7
  • カナダ雇用統計
                          (雇用者数)     23           9.4

                              (失業率)    7.8           7.5

  • カナダGDP                      -0.3         0.7

一部分の経済指標となりますが、経済が回復している印象。

という事で、今回の政策金利は、注目を集める程の報道がない限りは、現状維持が濃厚かと見ています。

もちろんネガティブ発言が出るほどの経済状況ではないので、急落下はないと見ています。

ただ、9/3時点のコロナ感染状況が、4000人と増加傾向にあるので、そこが少しだけネガティブ要素になります。

 

カナダ総選挙

9/20に行われる総選挙。今回は、トルドー首相自ら解散総選挙に踏み込んでいるので、政権交代の危機とかではなく、トルドー首相率いる自由党過半数を取る為の総選挙だと思っています。

さて!もちろん自由党が勝つ事を前提に、過半数を取ればカナダドル買いが加速、過半数を取れない場合は、短期的なカナダ売りの展開に。

こちらの報道に注視していきましょう。

 

FOMC会合

ジャクソンホール会合で、パウエル議長の発言によれば、年内の量的緩和縮小が適切と判断している事から、考えられる縮小時期は2つしかありません。

9月のFOMC会合と11月のFOMC会合です。

当初、8月の米雇用統計の進展が見られ、9月の米雇用統計に進展あるいは、雇用者数が80%を維持すれば、9月のFOMC会合での、米テーパリング実施が濃厚となる予定が期待されていましたが、先週の米雇用統計の悪化で、11月になりそうな米テーパリング。

                                      (前回) (予想) (結果)

米雇用統計 (雇用者数)    94.3     75     23.5

                   (失業率)        5.4     5.2      5.2

今週は、米雇用統計の結果について、FRBメンバーがどんな発言をするかに注目です。

 

カナダドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

カナダドル円 4時間足

f:id:Original23:20210906210625p:image

現在4時間足は、エリオット波動B波のレンジ相場に突入しています。

少し分かりづらい相場になっていますが、通常のエリオット波動B波で有れば、この後は落下する予定でいます。

つまり、押し目待ちの状態です。

 

カナダドル円 1時間足

f:id:Original23:20210906212457p:image

現在1時間足は、4時間足と同様、エリオット波動B波を予想しています。

4時間足では見にくかったですが、このチャネルラインから上抜ければ、エリオット波動C波が発動。

下抜ければ、4時間足のエリオット波動B波に突入となります。

どちらでエントリーするかはお任せしますが、上昇をフォローする為にも、一度ロングエントリーして様子見した方が良いかも。

また下抜けば、この後も上昇する可能性は、かなり大きいので、4時間足と同様に押し目待ちを徹底して下さい。

 

まとめ

やはり注目を集めるのはFOMC会合なだけに、BOC政策金利とカナダ総選挙で、どんな反応を示すかに注目していきましょう。

もちろん、ほび太は上昇目線ですよ!

では、ありがとうございました。