ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

NZドル円 短期トレード

f:id:Original23:20210824142615p:image

日本緊急事態宣言の影響で日経225の落下。

ドル円も、それに吊られて大きく落下。もちろんNZドル円も大きく落下しました。

ですが、今週開催されるジャクソンホール会合のリスク回避の影響で、米ドル売りの展開になっています。何故?

理由は、もちろんパウエル議長が、米テーパリングについて慎重姿勢を見せようとしているからです。

まぁ〜詳しい解説は、カナダドル円のブログを見てくれればわかります。

という事で、短期的なNZドル円相場を、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析を中心に解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

NZドル円   短期的な見通し

 (短期的な方向)

  • 4時間足はチャネルライン通りに攻めていきましょう。
  • 1時間足は、エリオット波動ABC波の上昇が継続。

 (短期的なテーマ)

以上3つのテーマで解説します。

先程も言いましたが、ジャクソンホール会合については、カナダドル円の記事を見て下さい。

 

RBNZ政策内容

さて、先日のRBNZでは、利上げの予想がありながらも、結果は据え置きのサプライズ報道でした。

理由は、もちろんニュージーランド国内で発生したコロナ新規感染者で、経済に影響が出る恐れを警戒しての据え置きの判断。

声明文も、材料になりそうな発言ではないので省略しますが、とにかく、今後の新規感染者がポイントになりそうなNZ経済という事になりそうですね。

(現在までのコロナ感染者数)

8月20日まで14人の感染者が出ています。

 

NZ経済は順調

まぁ〜コロナ感染者が出たとしても、高々20人弱の感染者なだけに、依然として堅調なニュージーランド経済。

経済指標にも進展が見え、コロナ感染者が落ち着けば、再度利上げがありそうです。

ただし、現在ロックダウンを実施されている事から、経済の鈍化には注意して下さい。

 

NZドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

NZドル円 4時間足

f:id:Original23:20210824221816p:image

現在4時間足は、チャネルライン通りの動きになっています。4時間足ではエリオット波動は数えにくいですが、日足でみると、ちょうどチャネルラインから出ている所が、エリオット波動B波になります。

という事で、このままチャネルライン通りの下目線で見ていきましょう。

 

NZドル円 1時間足

f:id:Original23:20210824222202p:image

現在1時間足は、エリオット波動Cを予想。ここから落下するか上昇するかは不明。ですが、ここからエリオット波動4波になったとしても、4時間足でも言ったように、チャネルライン通りに下目線で見ていきましょう。

 

では、ありがとうございました。