ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

NZドル円 短期トレード

f:id:Original23:20210802065206p:image

特段、リスク回避的な報道が出ていない堅調なニュージーランド、ただやはり同じオセアニア国のオーストラリアが、デルタ変異株感染拡大で、経済に影響が出ると予想している市場が、リスク回避のオセアニア通貨を売っている状況。

まぁ〜クロス円は、約半年間、買われ過ぎていた事もあり、今は調整落下だと思ってショートエントリーをオススメします。

という事で、ほび太が4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析を中心に、短期的なNZドル円の見通しを解説します。

 

NZドル円   短期的な見通し

 (短期的な方向)

 (短期的なテーマ)

  • RBA理事会
  • 経済指標

以上テーマが短期的な材料になりますので、簡単に解説します。

 

RBA理事会

デルタ変異株の感染拡大の影響により、ロックダウンが継続中。その間、経済に悪影響がでる事を予想している市場は、リスク回避の円買い/米ドル買いに動いています。

また、この感染拡大の影響で、先日RBA理事会が政策発表した内容も、見直す可能性も出てきているので、この影響もあり、現在オセアニア通貨ペアを中心に落下が継続しています。

明日発表となるので、注目が集まります。

 

経済指標

今週、米重要経済指標の発表があります。その経済指標に進展があれば、米ドル買い/NZドル売りとなるでしょう。詳しくは、週間トレードをチェックしてみて下さい。

因みに、今週はNZ雇用統計の発表がありますので、結果に注意していきましょう。

           (前回) (予想)

NZ雇用統計 (失業率)        4.7         4.4                 

 

NZドル円  テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

NZドル円 4時間足

f:id:Original23:20210802203021p:image

現在4時間足は、エリオット波動4波を予想しているので、三角持ち合いを下に抜ける見方でいます。

利確ポイントは、チャネルラインの下値ラインまでにしときましょう。ただ、ダウントレンドラインが明確な時は、そのラインを抜くまではエントリー継続という考え方もありですね!

 

NZドル円 1時間足

f:id:Original23:20210802204005p:image

現在1時間足はエリオット波動2波を予想。4時間足と同様に、この三角持ち合いを割る見方でいます。

 

まとめ

多分ですが、この落下が最後の調整落下になると思います。しっかりダウントレンドラインを引き、対応していきましょう。

 

では、ありがとうございました。