ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

短期トレード NZドル円

f:id:Original23:20210602221631p:image

現状も上昇の波に乗っているNZドル円。要因としては、各国、パンデミック時の爪跡が残る中、唯一今後のガイダンスで、利上げ示唆の発言をしたRBNZつまりニュージーランド中央銀行にあります。

  • このまま上昇するの?
  • 落下の事も考えるべき?
  • 今後の材料は?

以上の疑問も踏まえて、4時間足・1時間足を使ったテクニカル分析を中心に、短期的なNZドル円相場を解説していきます。

今回は、久しぶりのNZドル円という事で、ファンダメンタルズ分析も簡単に解説するので、よろしくお願いします。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

NZドル円 短期的な見通し

 (方向)

  • 引き続き上昇目線ですが、正直買われ過ぎのイメージもあるので、下目線の戦略も考えていきましょう。

 (テーマ)

  • RBNZ 声明文
  • 米雇用統計に注目
  • 米6兆ドル予算案に期待
  • 1.7兆ドルインフラ経済対策に期待

以上のテーマを簡単に解説していきます。

 

RBNZの声明文

ニュージーランド中央銀行が発表した今後の政策内容は、

  • 利下げ示唆〜利下げする可能性がなくなった。
  • 金利は据え置き
  • 現状の金融緩和、いわいる量的緩和を継続。
  • 2022年の秋頃、利上げをするような数値を発表。

RBNZからは、口に出しては言っていませんが、市場の反応からこのような回答が生まれます。

そして市場が反応したのは、やはり利下げ示唆がなくなった事や、この時期にニュージーランドだけが、今後のガイダンスに利上げ示唆を公表した事です。

この政策内容から、景気が良いという解釈になる為、NZドル円は、今も底堅い相場状況と言えますね!

 

米雇用統計

米雇用統計の結果が良ければ、今後米ドルが買われやすくなります。結果が悪ければ、米ドル買いは一旦お預けになるでしょう。

要は、NZドルが買われても、買われ過ぎていて売り参加者がいないので、上昇が鈍いのが今の現状です。

なので、一旦NZドルを売るしかないので、遅かれ早かれ、NZドル円は落下すると考えています。

 

6兆ドル予算案

こちらも今後の注目材料となります。先日バイデン大統領が6兆ドル予算案を公表。

この公表にNZドル円が急騰しました。このような反応があったので、もし成立となれば、NZドル円の上昇要因となるでしょう。

 

1.7兆ドルインフラ経済対策

早くても、今週中にも結果がでるような事を、メディアが言っているので、米1.7兆ドルインフラ経済対策に期待が集待っている状態です。

こちらの方も、米ドル売り/NZドル買いになると思うので、NZドル円の上昇要因となるでしょう。

 

NZドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説していきます。

 

NZドル円 4時間足

f:id:Original23:20210603203630j:image

現在4時間足は、エリオット波動C波と予想したいですが、チャネルラインを完全に割ることが大前提となるので、仮にチャネルラインに戻る事がなかった場合は、上記の画像通りの予想で見ていきます。

因みに画像通りとなれば、日足ではA波。揉み合う部分がB波と言った感じで見ていきます。

 

NZドル円 1時間足

f:id:Original23:20210603204235j:image

現在1時間足は、ダウントレンドラインを軸にショートエントリーが優勢になります。このダウントレンドラインが4時間足のダウントレンドラインになります。

 

まとめ

日足・週足のNZドル円ダイバージェンスが出ています。そろそろ大きく落下しても良さそうな展開。

なので、短期的に上昇したとしても、しばらくはショートで見た方が良いかもしれません。

という事で、まずは上記のテクニカル分析で見ていき、来週変更があれば公表するので、是非参考にして下さい。

 

では、ありがとうございました。