ほび太のFX短期トレード情報

このブログは、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインの短期トレード主体のブログです。初心者のトレーダーにも分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

短期トレード NZドル円

f:id:Original23:20210429160050p:image

中々、落下しないオセアニア通貨のNZドル円。まぁ〜豪ドルにも同じことが言えますが…笑

  • いつ落下するの?
  • このまま80円まで上昇する可能性は?
  • NZドルに、リスク回避材料はないの?

皆さんは、こんな疑問を持っていると思い、今日はオセアニア通貨のNZドル円について、短期的な相場状況を、4時間足を使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

NZドル円 ファンダメンタルズ分析

まずは、現状のNZドルのファンダメンタルを簡単に解説していきます。

 (短期的な方向)

  • 引き続き上昇目線
  • 4時間足チャートでは、エリオット波動3波継続、もしくは4波になる可能性がある。

 (短期的・中期的なテーマ)

  • FOMCでの資産購入ペースを維持で、米ドル売り/NZドル買い

 

FOMC (NZドル買い 要因)

今日朝方3時に発表されたFOMCですが、当然何日か前までは、FRBが資産購入(金融緩和)を縮小されるのではないかと、市場は米ドル買いの反応でしたが、発言した内容は、期待を裏切る内容でした。

つまり金融緩和の縮小予想で、円売り/NZドル買いの反応でしたが、金融緩和を縮小しない結果に、米ドル売り/NZドル買いの反応になってしまっています。

以前、別のブログでも言いましたが、オセアニア国の経済状況は他国と比べれば、かなり良好な国であり、現状は市場の評価として、ほぼ安全通貨になっています。

そんな安全通貨であるオセアニア通貨は、米ドルと円のどちらかが売られても、NZドル買いになってしまう通貨であるので、中々落下してくれません。チャートを見れば分かると思います。

では、どうしたら落下するのか?

  • 米ドル買い/円買いの状態になる事
  • ニュージーランド国内で、リスク回避材料が出る事。

以上の2種類がNZドル円の落下条件になるでしょう。

 

住宅価格の高騰 (NZドル 売り要因)

現状、この材料でリスク回避に動いている事はありませんが、唯一のリスク回避材料として、ニュージーランド国内の住宅価格が高騰している事で、家を買えない国民が増えています。

原因はパンデミック時に、家を売らざるを得なかった人の後に、富裕層が家を買い取りまくった事が原因で、住宅の価格が上がってしまいました。

今後はこの話題が出てきて、短期的に落下する場面があると思うので気をつけて下さい。

 

経済指標

貿易収支 (前回) 1.81% (結果) 0.33

 

ほび太がオススメする参考本はこちら!

マンガでわかる最強のFX入門

マンガでわかる最強のFX入門

  • 作者:理, 安恒
  • 発売日: 2020/05/02
  • メディア: 単行本
 

 

NZドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で具体的に解説していきます。

NZドル円 4時間足

f:id:Original23:20210429155903p:plain

現在4時間足は、チャネルライン通りの上昇目線で、短期的でもエリオット波動3波が継続、もしくは79円のレジスタンスラインでのエリオット波動4波になる可能性が高いと見ています。

まぁ〜チャネルラインが形成されている以上は、引き続きこのラインでトレードしていきましょう。

ただ日足では、そろそろ5波が終了しそうな感じがしている為、上値が重いゾーンではあるかもしれませんし、方向転換もあり得る可能性もあるので、注意してトレードして下さい。

 

まとめ

テクニカル分析では、そろそろ日足を5波終了と判断していますが、以前NZドルが買われやすい状況にあるとは言えます。

とは言え、NZドルが買われ過ぎな感じもするので、明確なレジスタンスラインが出るまでは、中期的なトレードをしないで、短期的な4時間足や1時間足などで、すぐ損切りできるトレードを心掛けて下さい。

 

では、ありがとうございました。

短期トレード カナダドル円

f:id:Original23:20210426204754p:image

先週、カナダ中銀政策金利の発表があり、カナダ経済にとっては、かなりポジティブな発言となりました。その結果、

  • 日足のC波後の買い戻しが現在進行中!
  • 4時間足では、エリオット波動3波に移行中

今日は、そんなカナダドル円相場が今後どうなるかを、短期的な4時間足を使ってテクニカル分析を解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

カナダドル円 ファンダメンタルズ分析

まずは、簡単にカナダドル円に関連するファンダメンタルズ分析を解説していきます。

 

カナダ政策金利

政策金利前から、かなりポジティブな発言が予想されていましたが、日本緊急事態宣言の円買いが強く、カナダドルが売られる展開となりました。

ただその後は、市場も政策金利に期待していたのか一気に買い戻しの展開。一体どんな発言をしたのか?その内容は以下の通り。

  • 国債購入を40億〜30億に縮小
  • ただ、今後の見通しは慎重。

今後の見通しについては慎重であるが、国債購入ペースを縮小した事については、かなりポジティブな発表です。なぜ?

国債を購入しなくても、経済または、お金が循環し始めた事になるからです。

また、お金をばら撒かないという事は、カナダドルの価値が上がるという事なので、カナダドル円は上昇すると判断できますね!

 

今後のカナダドル
  • ドル円の吊られて上昇する。
  • ダウ先物が上昇し続けるだけ、カナダドル円が上昇。
  • 2兆ドルインフラ経済対策で、なおダウ先物が上昇していく。

簡単に言えば、こんな感じだと思います。という事で、詳しくは、ほび太の週間トレードで書いているドル円の記事をみて下さい。

hobita1983.com

 

カナダドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足を使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

カナダドル円 4時間足

f:id:Original23:20210426214613p:plain

現在4時間足は、エリオット波動3波に入っています。

長いダウントレンドラインから外れた事で、ここからは上昇が優勢になるでしょう。

とりあえずは、アップトレンドラインを引いているので、このラインに沿ってロングエントリーをしていきましょう。

 

ほび太がオススメする参考本はこちら!

まとめ

現状4時間足では、カナダドル円が上昇していますが、クロス円全体の上昇が重くなってきているのも確かです。

その為、あまりに過剰なロングエントリーはしないほうが良いと思うので、皆さん気をつけてください。

 

では、ありがとうございました。

短期トレード カナダドル円(カナダ政策金利に注目)

f:id:Original23:20210419124422p:image

4/21に発表となるカナダ政策金利ですが、現在エリオット波動4波を予想しているだけに、政策金利のポジティブ発言で、エリオット波動5波が発動してほしい所ではあります。では、

  • カナダ政策金利は、どんな内容となるのか?
  • 今後のカナダドル円の方向はどちらなのか?
  • あるいは、今後のリスク回避に繋がる報道は、どういった報道なのか?

以上3つの疑問点も含めながら、4時間足を使ったテクニカル分析を中心に、短期的なカナダドル円を解説したいと思います。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

カナダドル円 ファンダメンタルズ分析

まずは、今日までカナダドル円に関連している報道を簡単に解説します。

 

日本緊急事態宣言を発動?

本日、3回目となる緊急事態宣言が発動されるのではないかと、ドル円を中心に、リスク回避の円買いとなっています。

この材料がどこまで続くかに警戒したい所です。又、この報道にカナダドル円も86.5円まで落下していますが、おそらく強いサポートラインである為、簡単には割れないだろう見てみています。

 

カナダ政策金利

4/21に発表となるカナダ政策金利。一体カナダ中銀総裁は、どんな事を発言するのか?

という事で、先月のカナダ政策金利での総裁の発言を下記の通り。

  • 2次感染によく耐えている。
  • 経済は回復しているが、異例の金融緩和は継続する必要がある。
  • 経済が予想よりも改善されている事は中銀も確認している。
  • 近い将来政策を変更はない

以上のような発言でした。

そして今回注目するのが、近い将来政策の変更はしないと言いながらも、4月を目処に金融緩和を縮小する可能性があると言う事です。縮小されれば、カナダドルが買われやすくなるので、カナダドル円は上昇します。

ただし、感染率次第となる見たいなので、若干不透明になりそうな今回の政策金利。注目していきましょう。

 

経済指標

その他、カナダ国内の景気状況がわかる、消費者物価指数にも注目が集まります。

 

ほび太がオススメする参考本はこちら!

 

カナダドル円 テクニカル分析

ここからは、4時間足と1時間足チャートを使ったテクニカル分析で解説していきます。

 

カナダドル円 4時間足

f:id:Original23:20210419223120p:plain

現在4時間足は、三角持ち合いなので、どちらに抜けるかに注目していきましょう。

ちなみに私は、日足をエリオット波動4波を予想しているので、上に抜ける予想でいます。

 

カナダドル円 1時間足

f:id:Original23:20210419223706p:image

こちらも同じく三角持ち合いになっています。直近のローソク足が、長い陰線ヒゲが出ているので、そちらに損切りラインを合わせて、ロングエントリーするのも悪くはないかなぁと思っています。

 

まとめ

今週は、基本的にカナダ政策金利で相場が動くと思って下さい。また政策金利次第では、日足のエリオット波動5波が発動されると思って下さい。

 

では、ありがとうございました。

 

短期トレード カナダ円

f:id:Original23:20210330205125p:image

この記事では、カナダドル円相場の予想を、4時間・1時間足を使ったテクニカル分析をメインに、ファンダメンタルズ分析も少しだけ取り入れて、短期的に解説していきます。

又、初心者トレーダーの為に、かなり噛み砕いて解説しているので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

カナダドル円 ファンダメンタルズ分析

原油

カナダドルといえば、原油相場の影響を大きく受ける資源国通貨として知られています。資源国通貨と言っても、豪ドル・ NZドル通貨も存在しますが、カナダドルだけ原油相場の影響を受けやすいという事だけを覚えて欲しいと思います。

さて、その原油ですが、現在スエズ運河座礁船の影響や欧州のロックダウンの影響で、原油相場が落下しています。

欧州のロックダウンで、原油相場が落下した理由については、単純に原油需要が減った事により、原油価格が落ち込んだ事が原因です。

その原油価格をなんとか上昇させようとバランスをとっているのが、サウジアラビアを中心とした原油生産加盟国のOPECと、原油生産非加盟国のOPECプラスです。

この加盟国と非加盟国で、原油需要が減れば、減産させて価格の落下を防ぐという工夫をしています。(もちろんその逆もあります。)

今週はその会合が開かれ、現在、欧州のロックダウンの影響で、原油需要の落ち込みを回避するために、減産するかしないかについて話し合われ、今日減産する事が可決され、原油相場が上昇しました。

もし減産されなければ、必要のない原油がどんどん増えるので、原油価値がなくなると同時に、原油相場も落下するでしょう。

原油の落下には、いくつかありますが、その時になればまたブログで書いていきます。

 

カナダドル円の上昇理由

原油相場が落下したと言っても、基本は各通貨ペアとの強弱が優先されます。

今回の上昇については、間違いなくドル円の影響を受けているでしょう。では何故ドル円が上昇しているかですが、バイデン大統領によりインフラ目的の4兆ドル規模の経済対策による期待と、アメリカ経済の急激な回復を示唆した発言ドル円を上昇させたのが要因です。

もっと簡単に言えば、これから経済が回復する米ドルを買う為に円を売っているという感じです。

因みに、本日バイデン大統領の4兆ドル規模の経済対策の発表になるので、その期待から円売りが強まるとみています。

ただし、バイデン政権の唯一のネガティブ材料の増税の話が出るかもしれないので、同時に少しだけ注意していきましょう。

 

経済指標に期待

アメリカの経済回復を表面化する経済指標に注目していきましょう。

残念ながら、雇用統計の前兆とも言えるADP雇用者数の結果は予想を下回る結果に終わってしまいましたので、今回雇用統計の予想が前回よりも改善されているとしても、警戒される可能性がある為、短期的な落下に注意したいですね。一応重要経済だけを書いときます。

(経済指標)

  • 4/1 米ISM製造業指数
  • 4/2 米雇用統計
  • 4/5 米ISM非製造業指数

今日カナダGDPの結果が良好だった為、カナダ経済も段々回復しきている為、引き続きカナダドル円の上昇に期待できそうです。

 

カナダドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説していきます。

もう一度、上記のファンダメンタルズ分析を簡単にまとめます。

  • 米経済指標の予想でドル買い円売り期待が大きい。
  • アメリカ経済及びカナダ経済の回復の期待から、米ドル買いカナダドル買い
  • バイデン大統領の経済対策により、米ドル買い/円売り

以上3つのカナダドル円の上昇期待から、上目線で、テクニカル分析を解説します。

 

カナダドル円 4時間足

f:id:Original23:20210331225457p:plain

現在4時間足はエリオット波動3波を予想。アップトレンドラインに沿ってトレードしてください。

また基本的には、チャネルライン内で動いているので、この範囲内でのトレードをオススメします。

 

カナダドル円 1時間足

f:id:Original23:20210331223538j:image

現在1時間足はエリオット波動5波を予想。1番目アップトレンドラインから外れ次第、5波終了と思って下さい。

その後の調整落下のABC波後の押し目で狙いたいのは2番目アップトレンドライン、もしくは3番目アップトレンドラインですね!

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

カナダドル円は、基本はドル円と同じ動きをする為、現状は上昇目線で良いと思います。

ただ上記でも説明した通り、原油相場が絡めば、ドル円と真逆に動いたりするので、注意も必要です。

また、テクニカル分析では、チャネルラインを引く事により、見やすいチャートになります。是非試して下さい。

 

では、ありがとうございました。

短期トレード ユーロドル

f:id:Original23:20210329195509p:image

この記事では、4時間足と1時間足を使ったテクニカル分析をメインに、短期的なユーロドル相場を、初心者に向けて解説していきます。かなり噛み砕いて書いているので、是非参考に!

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 かなり初心者向けに書いている短期的なトレード情報ブログを是非参考にしていただければと思っています。

 

ユーロドル ファンダメンタルズ分析

まずは簡単にユーロドル相場に関連する経済情報をお伝えします。

 

ドイツコロナ3次感染リスク

先週週末に報道されたドイツで発生しているコロナ3次感染の影響から、ユーロが売られて、リスク回避の米ドル買いの展開になっています。

今後の展開ですが、現在ドイツの一部で感染が爆発しているみたいで、政府の協議次第ではドイツ全域で再ロックダウンとなるとの報道が伝わっている為、更にユーロが売られる展開になるか、もしくは短期的に売られ過ぎているので、上値はなくとも、上値が重い展開になるでしょう。

 

ワクチン輸出制限

もう一つユーロにとってリスク回避に繋がっている報道があります。

こちらも先週からの報道になりますが、ユーロの法案の問題で、ワクチンの供給がかなり遅れているみたいです。具体的な説明は省略しますが、ユーロが売られやすい展開が続くでしょう。

 

経済指標

今週は米経済指標に注目が集まります。米経済指標の結果が良好であれば、米ドル買いが加速します。

そうなると、上記2つのリスクを抱えているユーロは、更に売られる展開になりますので、更なるユーロドルの落下に注意して下さい。

 

 (ユーロ経済指標)

赤文字は、速報値なので短期的な動きに注意。

 (米経済指標)

  • 3/30 日本雇用統計
  • 3/31 米ADP雇用者数  
  • 4/1   日銀短観     
  • 4/1   米ISM製造業指数    
  • 4/2   米雇用統計    

ただし基本的に経済指標は、予想通りにはいかないので、なるべく上記の経済指標を避けながらのトレードをおすすめします。

 

ユーロドル テクニカル分析

ここからは、短期的なユーロドル相場を、テクニカル分析で解説していきます。

 

ユーロドル 4時間足

f:id:Original23:20210329202214p:plain

現在4時間足は、エリオット波動4波を予想しています。なので、2番目のラインもしくは3番目のラインまで落下する可能性があります。

当分の間のユーロドル相場は、リスク回避が続くと予想しているので、基本的には、ダウントレンドライン内で動きになるでしょう。

 

ユーロドル 1時間足

f:id:Original23:20210329213852j:image

現在1時間足は、エリオット波動4波を予想しているので、もう少し落下余地があるとみています。短期的な落下終了の合図は、ダウントレンドラインから抜けた時になりますが、上値が重い展開になると予想している為、あまりロングエントリーはオススメしません。

もし待つ余裕があれば、最低でも1番上のダウントレンドラインまで様子見する事をオススメします。

 

まとめ

いかがですか?何となくユーロドルがここまで落下してきている理由が分かってきたと思います。また、もう1つ大事な情報として、アメリカ経済が徐々に回復してきている事です。

まだ、アメリカ経済は不安定ではありますが、今後さらに経済回復が見込まれている為、日足レベルでの落下優勢を予想します。

その事を、忘れずにしっかりチャート分析をして勝率を上げて下さい。

 

では、ありがとうございました。